ソードアート・オンライン DVD BDについて

第2話「ビーター」の感想

第2話「ビーター」の感想

ソードアート・オンライン DVD BD 第2話「ビーター」の感想です。

 

本格的大規模仮想空間オンラインロールプレイングゲーム「ソードアート・オンライン」から
ログアウトできなくなってしまったキリト。

 

クリアしないと現実世界で死んでしまうことが発表されてから既に2000人のプレイヤーが命を落としてしまっていた。

 

テスト版でソードアート・オンラインをプレイしたことがあったキリトは
パーティーを組まず単独でダンジョンに挑戦する。

 

しかし、HPがゼロになるとゲームオーバーで死んでしまう危険が伴うため、第一層から苦戦していた。

 

 

(↑あらすじここまで)

 

 

相変わらず、ストーリーがしっかりしているので十分に楽しめました。
ここ数年で見たアニメの中で、一番引き込まれたかもしれません。

 

 

しかし、新しいキャラがたくさん出てきた分、キリトの内向的な性格が際立ってきたような…。

 

ネットでは完全に中二病扱いされちゃってます。

 

 

2話は原作とは少し展開が違うようで、原作ファンからは「こっちのほうがいい」という意見もあったようですが、
なかなかキリトくんの発言や行動がイタイと批判もちらほらあるようです。

 

 

自分としては初めて戦闘らしいシーンがあったので、見ごたえは倍増したと思っています。

 

 

ソードアート・オンラインのDVD/BDを探す!!


ホーム RSS購読 サイトマップ