ソードアート・オンライン DVD BDについて

第1話「剣の世界」の感想

第1話「剣の世界」の感想

ソードアート・オンライン DVD BD 第1話「剣の世界」の感想です。

 

2022年、仮想空間を完全に体験できる装置、ナーヴギアが開発され、
本格的な仮想大規模オンラインロールプレイングゲーム「ソードアート・オンライン」が発売された。

 

そして、「ソードアート・オンライン」のサービス開始日、早速プレイを開始した
主人公のキリトは、完全なる仮想空間を満喫していた。

 

しかし、ゲームを楽しむ1万人のプレイヤーの前に突如ゲームマスターで開発者の茅場明彦が現れる。
そして、このゲームは「クリアするまで脱出不能」であること、
そして「ゲームオーバー=現実世界での死」を意味することを告げたのだった。

 

(↑あらすじここまで)

 

原作を全く読んでいない状態で視聴したのですが、非常に面白かったです。

 

とにかく、設定がいい。

 

オンラインゲームの中毒性がとやかく言われているご時勢に、真っ向から突っ込んだストーリーなので、
この後どうなるのかが本当に気になります。

 

ネットでの評判を見ると、原作ファンからも好評だったみたいですね。

 

タイトル画面がちょっぴりシンプルすぎるのが、自分的にはいけ好かない感じがしますが、
キャラデザもあっさりしていて特別アニメファンじゃない方にも受け入れやすい感じです。

 

今後の展開に期待大です!

 

 

ソードアート・オンラインのDVD/BDを探す!!


ホーム RSS購読 サイトマップ